不動産業者に支払う仲介手数料、マンション買い替えの時にはどうなる?

住み替え(買い替え)

■マンション買い替えの時に仲介手数料はどのように支払う?

・ 不動産業者に支払う仲介手数料はどれ位必要になる?
・ 仲介手数料の支払いは決まっている?

不動産の売買は個人で行うのは非常に難しいのでほとんどの場合は不動産業者に
仲介を頼むことになります。

それはマンション買い替えの時にも同様なのですが、買い替えの時にはどのように
仲介手数料を支払うのでしょうか?

不動産業者の仲介で物件の購入をする場合に仲介手数料が必要になりますが
売却するときにも仲介手数料が必要になるのでしょうか?

それと仲介手数料の支払いは金額などが決まっていて、どんな状況でも支払うことが
必要になるのでしょうか。

不動産業者に支払う仲介手数料についてもっと詳しく確認してみます。

■マンション買い替えの時には購入売却どちらの不動産業者にも支払う

・ 不動産の売買には必要になるのが仲介手数料
・ 同じ不動産業者に購入と売却を頼む必要はない

買い替えの時にはやはり多くの場合不動産業者に仲介を依頼することになります。
仲介を頼んだ毎に仲介手数料は必要になります。

売却するときと購入するとき、どちらにも仲介手数料は必要です。

購入するときと売却するとき、どちらも同じ不動産業者に頼んだとしても
仲介手数料は2回支払うことになります。

その為に仲介手数料を節約するために同じ不動産業者に頼むということをする必要は
全くありません。

ただし売却する場合、自分で売却相手を探してきた場合に仲介手数料を支払わずに
売却ができる場合もあります。

マンション売却をするときに不動産業者と専任媒介契約を結んでいる場合は自分で
売却相手を探して売却することができます。

例えば知り合いや親戚、家族にマンションを売却することを決めたならその時には
不動産業者に仲介手数料を支払う必要がありません。

ただし売却を頼んだ不動産業者と専属専任媒介契約を結んでいると知人に売却を
する場合でも仲介手数料が必要になります。

売却の時には不動産業者との契約内容によって仲介手数料の有無が決まります。
契約する内容の確認はしっかりとしておくようにしましょう。

■仲介手数料は決まっている?

・ 成約価格の3%+6万円(税別)が仲介手数料
・ 決まっているのは上限なので割引をしてもらうことは出来る

次に仲介手数料はどのようにして決まるのでしょうか?
金額に関しては国土交通省が定める宅建業法に記載されています。

それが「成約価格の3%+6万円」です。
これに消費税が加わったものが最終的な仲介手数料となります。

しっかりと決められているので問題はないように感じますが、実はこれは
仲介手数料の上限として定められたものなのです。

つまり必ずこの計算式で出た金額が仲介手数料になるのではなく、この金額は
仲介手数料としてもらうことが出来る上限金額です。

そのために不動産業者と交渉をして仲介手数料の割引をしてもらうことは
実は出来ると決められています。

例えば同じ不動産業者で買い替えをした場合、売却の時と購入の時に両方の
仲介手数料が同じ不動産業者に入ることになります。

そこで仲介手数料の割引を申しこめば場合によっては多少値引きをしてくれることも。
少しでも負担を軽くするためにはおすすめできる方法です。

仲介手数料は「金額が決まっている」のではなく「上限が決まっている」ので
状況によっては割引を頼んでみましょう。

■仲介手数料の支払いをしなくてもいい状況とは?

・ 不動産売買がキャンセルされた時に支払いが必要?
・ ケースによっては仲介手数料の返却がされることも

仲介手数料は売買が成立した時に不動産業者に支払います。
では売買が途中でキャンセルされた時にはどうなるのでしょうか?

これも状況によって変わりますが、過去の事例などを調べてみると仲介手数料を
変換したということもありました。

まず買い手が手付金を破棄して契約解除した場合は仲介手数料の支払いは全額では
なくなる可能性があるようです。

一度売買契約が成立した後、買い手が手付金を破棄して契約解除をしたという事例が
あったのですが、この時には仲介手数料の支払いもキャンセルされました。

ただしかいての一方的な都合ということで本来の仲介手数料の半額が業者に
支払われました。

同じように買い手の住宅ローン不成立で購入ができなくなった場合にも不動産業者は
仲介手数料をもらうことが出来ません。

すでに売買契約をしていて仲介手数料をもらっていた場合はそれを返還することが
必要になります。

売買契約をすれば不動産業者は仲介手数料をもらうことが出来る、ということはなく
返還を求めることも出来るのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました