現在の物件を買い替えでマンション購入する時の注意とは?

温泉 住み替え(買い替え)

■マンション買い替えで注意するべきことって何?

・ マンション買い替えを失敗しないためにはどうすればいい?
・ 何に注意をすれば失敗しない?

転勤などで現在のマンションを売却する事になったという場合、すぐにでも買い替えを
することが必要になります。

また単純に今のマンションでは狭くなった、子供が増えるので買い替えをしたいという
場合も多いと思います。

そんな時にはどうやって買い替えを進めていけば良いのでしょうか?

そもそもマンション買い替えをするときには今のマンションの住宅ローンは
どうなるのでしょうか?

住宅ローンが残っているマンションの売却が出来るのか?
新しく購入するマンションで住宅ローンの利用はできるのか?

色々とわからないこと、不安になることは多いと思います。

わからないことをそのままにしてしまうとマンション買い替えの失敗にもつながります。
そこで買い替えを失敗しないために注意することを確認してみましょう。

■買い替えは売却が先、それとも購入が先?

・ 住宅ローンが残っている場合は売却を先にするのが一般的
・ 同時に買い替え先のマンションも探しておく

まずは買い替えをするときに現在のマンションを売るのは先にした方がいい?
それとも新居を先に購入するほうが良いのでしょうか?

実際問題としては住宅ローンが残っているなら先に売却をすることが必要です。
次に購入するマンションに住宅ローンが使えなくなる可能性が高いためです。

基本的には住宅ローンが残っている場合は抵当権がローンを組んでいる金融機関に
あるために勝手に売却をすることが出来ません。

ただしマンション売却の金額を住宅ローンの残債の返済に当てることで抵当権を
外すことができます。

この様にして抵当権を外さないと物件を売ることがかなり難しいのに加えて
次に購入する物件で住宅ローンが使えなくなることも防ぎます。

基本的に住宅ローンは複数同時に組むことが難しく、それが出来るのはかなりの
年収がある人です。

ほとんどの場合は住宅ローンを1つしか契約することが出来ません。
その為にまずは今のマンションの住宅ローンを完済することが必要になります。

住宅ローン完済のためにはやはりマンション売却を先にすることが必要です。
でも完全に売れるまでに時間がかかる可能性もあるので同時に新居も探しておきます。

■先に物件購入をした場合のデメリットとは?

・ 新しい住宅ローンが組めたとしても二重ローンの期間がある
・ 買取保証もあるが売却金額は安くなる可能性が高い

では先に物件の購入を決めた場合を確認してみます。
メリットとしては引っ越しなどの余計な出費を抑えることができます。

それに新しい家があるので現在のマンションを綺麗にしてから見せることができます。
内見の時に生活感がないというのは見る方もとても安心できます。

ただし住宅ローンの支払が終わっていない場合はマンション売却までの期間は
住宅ローンを二重に支払うことになります。

ほとんどの場合はかなりの年収がある人だけが複数の住宅ローンが利用できるので
マンション売却が出来るまで新しい物件の購入ができないと思います。

不動産の購入契約は有効期限が3ヶ月です。
先に物件購入をした場合はこの期間内に居間のマンションを売却する必要があります。

タイミングよく馬脚できれば良いのですが、買い手が見つからない時は新しい物件の
購入もできなくなってしまいます。

そこで期間内に売却ができなければ業者が物件の買取をする補償もあります。
ただしこの場合は普通に売却するよりもかなり安い金額になることが多いです。

高く売却ができれば次に購入する物件の頭金を増やすなど負担を軽くすることも
出来ますが買取りの場合は相場よりも低くなる場合がほとんどです。

出来るならば売却することをおすすめします。

■できれば同時進行、気持ち売却先行で

・ 色々な経費を考えると購入と売却はほぼ同時進行が好ましい
・ 購入と売却、どちらも相場を確認しておくことが必要

マンション買い替えをするときにはできれば購入と売却が同時進行で行われるのが
理想的と言われています。

売却先行で売った後の新居が見つからない場合は仮住まいを見つける必要があり
その家賃や余分な引越し代金が必要になります。

購入と売却を同時に行うことができれば引越しも1度で終わります。
ただし契約の関係などもあり気持ち売却を先にするほうがおすすめです。

完全に同時進行になると現在のマンション引き渡しと新しい物件購入のタイミングが
違うので引き渡しの猶予期間を貰う必要が出来てしまいます。

この場合は直接買い手と話し合いをして猶予期間の交渉をしましょう。

それと売却をするときにも購入をするときにも周辺相場を知っておくことは
とても重要になります。

売却の時には査定金額の正しい不動産業者を見極める為に必要です。

購入の時にも周辺相場との金額の違いを不動産業者に確認することができます。
場合によっては事故物件で金額が安くなっているという可能性も。

自分で情報を集めておくと買い替えも失敗せずに出来ると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました