住宅ローン残債があるときにも利用できる住替えローンとは?

住み替えローン

■住宅ローンの残債がある状態でも物件を売却することが出来る?

・ 住宅ローン残債があるときにも利用できる住み替えローンとは?
・ 住み替えローンのメリットとデメリットは?

マンションなどの買い替えでは住宅ローンの完済が出来るのか、ということを
多くの方が気にしています。

それは今の住居の住宅ローンが残った状態では売却をすることが出来ないためです。

住宅ローンは基本的には購入する住居を担保として金融機関から融資を受けています。
その為に購入する住居には抵当権がつくことになります。

この抵当権があると金融機関は融資の回収ができないと判断した場合に担保となっている
住居を回収し、売却することで融資金額の回収をします。

そのために抵当権がついたままの物件を購入する人は殆どいないので、まずは抵当権を
外すために住宅ローンの完済が必要となるのです。

一般的には物件を売却してその金額を使って住宅ローンの繰り上げ返済をします。
でも売却金額が住宅ローン残債より少ない場合はどうすれば良いのでしょうか?

こんな時に利用する事ができるのが住み替えローンです。

もしも住宅ローンが完済できなかった場合でも住居の買い替えができる方法として
とても注目されています。

でも利用する時にはメリットとデメリットをそれぞれ把握しておく必要があります。
この住み替えローンを詳しく調べてみます。

■住み替えローンとはどのような融資?

・ 住宅ローン残債を新しく利用する住宅ローンに加算して返済できるローン
・ 多くの大手都市銀行で商品提供されている

まずは住み替えローンとはどのような商品なのかを確認してみます。
簡単に言うと住宅ローン残債を新しい住宅ローンに加算して返済出来る商品です。

住宅の抵当権を外すためには住宅ローンの完済が必要ですが、住宅の売却金額が
ローン残債に足りていない場合、自己資金で補填するなどの方法があります。

でも自己資金が足りない、使いたくないという場合にその住宅ローン残債を買い替える
住宅で利用する新しい住宅ローンに加算して支払うというローンになります。

現在の住宅ローン残債はつなぎ融資と同じように一時的に融資を受けて完済します。
その分の返済が新しく利用する住宅ローンに加算されるわけです。

実際に取扱商品としては大手都市銀行ではほとんどのところで取扱があります。
銀行によって利用できる条件などが違いますが、かなりの銀行で取り扱っています。

■住み替えローンを利用する場合のメリットとは?

・ 新居を好きなタイミングで購入することが出来る
・ 優遇金利を受けられる可能性がある

では実際に住み替えローンを利用した場合にどんなメリットがあるのかを確認します。
まず考えられるのは好きなタイミングで新居の購入が出来ることです。

新しい家の購入をしたいけど今の住居の見積りでは住宅ローンの完済が出来ない。
自己資金で補填することも難しいのでお金が貯まるまでは住み替えが出来ない。

そんな考えを持っている方でも住み替えローンを利用することで新しい住居の購入が
できるようになります。

急な転勤で自己資金をあまりためていないけど引っ越しをするという場合にも
住み替えローンはかなり便利だと思います。

それに住み替えローンを利用する時に多くの方が残席分を無担保で借りることになります。
その負担を減らすために金融機関によっては優遇金利を設定している場合もあります。

住み替えローンでは通常の住宅ローンよりも少しだけ低金利になる、という金融機関も
あるそうです。

銀行などで金利も多少変わるのでいろいろなところで相談をしてみることがおすすめです。

■住み替えローンを利用する場合のデメリットは?

・ 購入する住居以上の金額のローンを組むことになる
・ 住み替えローンは審査が厳しくなる可能性が高い

では住替えローンを利用する場合のデメリットを確認してみます。
住み替えローンではオーバーローン状態で利用開始というのは大きなデメリットです。

新しく購入する物件の住宅ローンに以前の住宅ローン残債が加算されているのが
住み替えローンです。

つまり従来は住宅が担保になっていてその担保と同額の融資を受けることが出来る
というのが住宅ローンです。

住み替えローンの場合はこれに以前のローン残債があるので住宅の勝ち以上の
融資を受けていることになります。

つまり住宅を売却しても返済ができないオーバーローン状態になっているのです。

当然このような状態で融資が始まるので金融機関の審査は通常の住宅ローンよりも
厳しくなることが多く、審査に通らない可能性もあります。

前年の年収や返済状況などを細かく審査されるので簡単には利用できないという
場合も多くあります。

利用できた場合でも返済が今までよりも大きな負担になるので、かなり計画的に
返済をする必要ができます。

メリットとデメリット、自分の返済能力などをよく考えて住み替えローンを
利用するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました