どんな銀行でも住み替えローンの利用をすることが出来る?

グラフとお金 住み替えローン

■住み替えローンの利用ができる銀行はどんなところ?

・ どんな銀行でも住み替えローンの利用ができる?
・ 銀行によって住み替えローンの商品内容が違う?

一般的に住宅ローンの完済をするまでは住居を売却することが出来ない。
と言われていますが売却金額を使ってローン完済すれば住居売却自体は可能です。

でも最近では中古住宅の売却金額が下がっているので住宅ローンの完済をすることが
できないという可能性も高くなりました。

それでも住み替えをする必要がある方はどうすれば良いのでしょうか?
こんな時に利用できるのが住み替えローンです。

住居売却金額では住宅ローン残債に足りず、自己資金もそれほどないという場合でも
住替えをすることができるようになります。

この住み替えローンはどんな銀行でも取り扱っている商品なのでしょうか?
それに銀行によって商品内容が違うものなのでしょうか?

あまり利用することがないのでどんな商品なのかとても気になります。
住み替えローンについて詳しく調べてみます。

■住み替えローンとはどのような商品?

・ 今までの住宅ローン残債を新しい住宅ローンに加算して返済するローン
・ 返済の負担が増えるので注意

まず住み替えローンとはどのような商品なのでしょうか?
今までの住宅ローン残債を新しい住宅ローンに加算して返済するローンのことです。

住居売却をしても住宅ローン完済が出来ない、先に新居を購入してからゆっくりと
今までの住居を売却したいという時に利用できるローンです。

住宅ローンを2つ同時に契約する、いわゆる二重ローンの状態にならずに
住宅ローンの返済ができるという大きなメリットがあります。

金額の上限は1億円くらいのところが多いので住宅ローン残債が多い場合にも
十分に対応することができます。

でも今までの住宅ローンと現在の住宅ローンを加算しているのでいわゆる
オーバーローン状態になります。

担保となっている住宅を売却しても確実にローン完済が出来ない状況なので
返済の負担はかなり大きいといえます。

状況によっては返済する期間も大きく増えるので利用する場合には専門家に
相談をするようにしましょう。

■住み替えローンはどんなところで取り扱われている?

・ 大手都市銀行ではほとんどのところで取り扱いがある
・ 地方銀行、信用金庫でも取り扱っている所は多い

では住み替えローンの提供をしているのはどんな金融機関なのでしょうか?
大手都市銀行を確認してみるとかなり多くのところで商品提供がされています。

みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、三菱東京UFJ銀行などではそれぞれに
住み替えローンの提供を行っていました。

かなり多くの商品取扱いがある大手都市銀行なら住み替えローンの提供をしているのも
当然といえるかと思います。

ではその他の金融機関ではどうなのでしょうか?

簡単に調べただけでも地方銀行、信用金庫などでも住み替えローンの提供が
行われているのがわかりました。

横浜銀行、東日本銀行、千葉銀行、京都銀行、福岡銀行、みなと銀行、池田泉州銀行
地方銀行だけでもこれだけのところで商品提供がされています。

住み替えローンを利用する場合には提供している金融機関を選ぶことが出来るのが
よくわかりました。

でもこれらの銀行の住み替えローンはやはり銀行毎に違うのでしょうか?
銀行によって商品内容にどんな違いがあるのかも確認してみます。

■銀行によって住み替えローンの商品内容はどれくらい違う?

・ 利用できる条件が違う場合も多い
・ 変動金利、長期金利などは銀行によって変わる

銀行の住み替えローンをそれぞれに確認してみると、まずは住み替えローンが
利用できる条件に違いがあるのがわかります。

みずほ銀行では年収の条件が明記されていませんがりそな銀行では前年の税込み年収が
100万円以上と明記されています。

銀行によっては勤続年数、自営業の場合は営業年数などが条件に加わっている場合も。
銀行によって利用することができる人の条件はかなり違っていることがわかります。

ただ年収などの条件はあるのですが年齢の条件に関しては殆どのところが一緒でした。
20歳以上、完済するときの年齢が80歳前後というのが条件となっています。

それに住み替えローンを利用する場合の金利も銀行によって違いました。
固定金利の場合はほぼ変わりませんが変動金利の場合は銀行によって変わっています。

住宅ローンと同じ金利を利用するところ、優遇金利で住み替えローンが利用できるところ
長期金利が利用できないので最長10年毎に見直しが必要なところなどがあります。

ただ住み替えローンの場合は今まで利用していた住宅ローンと大きく関係します。
その為にまずは住宅ローンを利用していた金融機関にまず相談することがおすすめです。

審査が厳しいと言われているので利用できない可能性もありますが、多くの金融機関で
取り扱われているので色々なところで相談をしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました