審査が厳しい買い換えローンという噂は本当?厳しい審査を乗り越えるには?

住み替えローン

■住み替えローンを利用する場合の審査は厳しい?

・ 住み替えローンではどのようなことを審査される?
・ 審査が通るためにできることは?

最近では不動産の価格が下がっていて購入するのにはいいタイミングと言われています。
でも売却する場合にはちょっと厳しい状況でもあります。

特に住宅ローンを完済してから売却する場合はあまり大きな問題にならないのですが
住宅ローンが残った状態で住み替えを考えるとかなり厳しい状況となります。

でもそのような状態でも住み替えが出来るように金融機関では住み替えローンの提供も
多く行われています。

ただ住み替えローンを利用するためには厳しい審査がある、という噂もあります。

普通の住宅ローンに比べて住み替えローンの場合は審査が厳しいのでしょうか。
住み替えローンではどのような審査が行われるのでしょうか。

住み替えローンについてちょっと調べてみました。

■住み替えローンとはどんなローン?

・ 住宅ローン残債があっても住み替えをするためのローン
・ 提供している金融機関は多い

まずは住み替えローンについて詳しく確認してみます。
住み替えローンとはどのような融資なのでしょうか?

通常住宅ローンが残っている物件には金融機関の抵当権があるので一般的には
購入する人はいません。

親族などが住宅ローンも含めて物件を購入する場合以外で抵当権付きの物件を
売却できることはありません。

その為に抵当権を外して売却をしたいのですが、住宅ローンは物件が担保となって
抵当権が付けられています。

つまり住宅ローンを完済しない限りは抵当権を外すことが出来ません。

ただし住宅ローンを完済するために物件の売却金額を使うことができます。
でも最近では住宅ローン残債よりも高い金額で売却できるとは限りません。

そこで使うのが住み替えローンです。

住宅ローン残債を新しく購入する物件の住宅ローンに加算して払うという
形で抵当権を外すことができます。

大手都市銀行はもちろん地方銀行や信用金庫などでもこの住み替えローンを
提供している所は多くあります。

では実際に住み替えローンはどのような審査をされるのでしょうか?
住み替えローンの審査についても調べてみます。

■住み替えローンが利用できる条件とは?

・ 利用条件は金融機関によって変わる
・ 詳しい審査判断基準は公表されていない

住み替えローンが利用できる条件についても確認をしてみます。
金融機関が発表している条件はその金融機関によって変わってきます。

住み替えローン申し込みの条件として前年の年収が指定されている場合もあります。
年収100万円以上、400万円以上等金融機関によって違いはあります。

多くの金融機関で同じように指定されているのが、今まで利用していた住宅ローンの
支払い遅延がないことです。

毎月きちんと住宅ローンの支払をしていることがほとんどの金融機関では
住み替えローン利用の条件として決められていました。

安定した収入があることは絶対条件のようです。

ただし申込みの条件は公表されていますが、実際にどのような審査をしているかは
公表されていません。

そのために審査が通らなかった場合にはどのような理由で断られたのかは
教えてもらうことも出来ません。

でも住み替えローンの性質などを考えるとどこを重点的に審査されるのかは
予想することが出来るようです。

■住み替えローンはオーバーローンなので注意

・ 住宅勝ち以上の借り入れをすることが出来るのが住み替えローン
・ ローン残債が多い場合は審査はかなり厳しくなる

住み替えローンはその性質上オーバーローン状態で利用が始まります。
購入物件を担保にした住宅ローンに今までの住宅ローン残債が加わるためです。

でも住み替えローンの借入金額は担保価値によって計算されます。
通常は担保価値の1.5倍から2倍位が借り入れ上限金額となります。

つまり現在の住宅ローンを組むための住居をベースに借入金額を決めるので
以前の住宅ローン残債が多く残っている場合はかなり不安が大きくなります。

住み替えローンを利用する場合はなるべく以前のローン残債を少なくすることが
審査に通りやすくなる方法と言われています。

ただどんなにローン残債が少なくてもオーバーローンになっていることは変わりません。
その為に年収などの審査がとても厳しくなっていると予想できます。

金融機関によっては申込み条件の中に勤続年数、自営業なら営業年数も含まれている
というところがありました。

これらの条件を考えると安定した収入が続いていて、返済が滞っていないというのが
審査基準となっていると思われます。

ただ審査基準は金融機関によって違うので住み替えローンを利用したい時には
複数の金融機関に相談をしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました