頭金はどれくらい用意すれば住み替えローンの利用ができる?

財布からお金をだす 住み替えローン

■住み替えローンを利用するのに必要な頭金はどれくらい?

・ 住み替えローンの頭金はどれくらい必要?
・ 住宅購入のときの頭金の重要性とは?

住宅を購入する時に多くの方が住宅ローンを利用しています。
即金で住宅を購入するだけの金額を支払うことが出来る人は少ないと思います。

住宅ローンを利用する時には頭金を用意しておきます。
昔から頭金は住宅購入金額の2割程度が必要とも言われていました。

実際に頭金を入れることで住宅ローンの返済金額が少なくなるので購入者の
負担は少なくなります。

借り入れ元金が減ることで利息も少なくなり、返済の負担を減らすことができます。

では住み替えローンを利用する場合には頭金はどれくらい必要でしょうか?
住み替えローンの場合は前の住宅ローンの残債が残っている状況も多くあります。

前の住宅ローン残債を今の住宅ローンに加算する場合には頭金はどれくらいが
必要になるのでしょうか?

頭金を用意せずに住宅ローン完済のために使ったほうが良いのでしょうか。
住み替えローンと頭金について確認をしてみます。

■頭金無しで住宅ローンを組むことが出来る?

・ 金融機関によっては頭金なしの住宅ローンも出来る
・ 貯金が少ない場合は審査に通りにくくなる可能性も

まず頭金無しで住宅ローンを利用することができるのでしょうか?
以前は住宅ローンではフルローンを組むことは出来ないとされていました。

住宅ローンの場合は担保となる土地と建物の資産価値の8割程度の貸出ができる
というのが一般的でした。

その為に頭金は購入金額の2割程度を用意する、とされていたのです。

でも最近では住宅ローンでもフルローンでの契約ができるという金融機関も多くなり
実際に頭金無しで住宅ローンを利用することができます。

ただし頭金なし、貯金なしという状況では住宅ローン利用の審査が厳しくなるとも
言われています。

貯蓄があるということは返済能力に問題がない、と考える金融機関が多く
その逆に貯蓄がない場合は返済能力が足りないと判断される場合もあります。

物件購入をする場合にはやはり少しずつでも貯蓄をしておくことが重要になりそうです。

■住み替えローンでも頭金は必要?

・ 住み替えローンは担保価格の1.5倍から2倍位まで借入可能
・ 住み替えローンは審査が通りにくいので注意

では住み替えローンの場合を確認してみます。
住み替えローンの場合は前の住宅ローン残債を新しい住宅ローンに加算します。

当然担保となる住居よりも大きな金額が必要になるので、通常住み替えローンでは
担保価格の1.5倍から2倍位の融資を受けることができます。

つまり通常の住宅ローンのように8割程度の融資なので2割の頭金が必要ということでは
なくなっています。

住み替えローンの場合はフルローン以上の融資を受けることが出来るので頭金を
用意するならその資金で今までの住宅ローンを完済したほうが負担は少なくなります。

担保以上の借り入れをするオーバーローンになる住み替えローンの場合は
審査がとても厳しくなり、利用できない可能性も高くなります。

それならば頭金なしのフルローンの住宅ローンを利用するほうが審査自体は
通りやすくなる可能性が高いと思います。

住み替えローンを利用する場合は一般的にはあまり頭金を用意する、ということは無く
諸経費用の現金を確保しておくほうが多いようです。

■頭金なしのフルローンを利用する場合の注意点

・ 金融機関によっては最大8割なので住宅ローンの利用ができない
・ 資産価値は20年でなくなるのでそれまでにローン完済をすることが難しい

頭金なしのフルローンを利用できる金融機関は多くなりましたが、頭金なしの場合は
どのようなことに注意するべきなのでしょうか?

最近ではかなり多くの金融機関で頭金なしの住宅ローンが利用できます。
でも全ての金融機関で提供されているわけではありません。

一時期は固定金利のフラット35でも100%の融資を受けることが出来ませんでした。
金融機関によってはフルローンの利用ができない場合もあります。

それと建築物の資産価値は20年でなくなると考えられています。
最大35年の利用ができる住宅ローン、半分近くは価値がなくなった物件の代金になります。

つまり住宅ローンは20年で支払いが終わるようにすることが望ましいと考えられていて
その為には頭金を用意するほうが返済の負担が少なくなります。

住宅の購入にはかなりしっかりとした計画をたてることがとても重要と言われています。
計画をスムーズにすすめるためにも毎月の負担を減らすことは必要です。

無理のない返済計画のためにも頭金を用意することは重要ですが、それにとらわれずに
頭金無しで計画を立ててみるのも今では十分にできるようになっていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました